釣り人が紹介するゴマサバの美味しい食べ方厳選3点!!

お魚レシピ
40cmの丁度良い大きさ
スポンサーリンク

まずはゴマサバのポイントを押さえておこう

ゴマサバの特徴

釣りをしているとたまに群れに遭遇し入れ食い状態になるサバたち 。小さなものから大きなものまでガンガン餌に食いつきハリスを伸ばし時にはハリス切れを引き起こす厄介な外道と認識されることも。

そんなサバも大きくマサバとゴマサバの2種類に大別されるのですが、マサバよりさらに敬遠されやすいのがゴマサバ。マサバよりちょっと味が落ちるとか言われてます。

ちなみにゴマサバの特徴はこんな感じ。

  • 血合いが大きいので生臭くなりやすい(対マサバ比)
  • 脂がのりにくいので焼くとパサつきやすい(対マサバ比)
  • 足が早い(マサバ同様)
マサバと一緒に釣れることも多い。上1尾がマサバで下2尾がゴマサバ

釣れた後の処理は丁寧に素早く

ゴマサバに限らずサバを美味しく食べるには釣れた後の処理が超重要です。とにかくクーラーボックスに入れるまでを手早く。

すぐに締める

釣れたらさっさと血抜きして締めましょう。「でかいの釣れたー!!」と言っている暇があればさっさと首を折って血抜きした方が良いです。ホントに。サバ折りが難しければエラにナイフを入れてバケツに入れるでもOK。

※ 少し血の香りがする刺身でもよければ血抜きしなくても良いです。こちらの方が好きな人もいます。

身に極力触らない

人の体温で傷んで身割れしてしまいますので、釣れたら素手で触らず、触るとしてもほんの少しだけに止めましょう。

海水氷でしっかり冷やす

クーラーには前もってキンキンに冷えた海水+氷を用意しておき、釣れて締めたら即座に放り込んでください。これで帰るまでずっと冷やしておけば大丈夫です。

ゴマサバに向いている調理法

鮮度落ちの早い鶏むね肉と思って調理すればそんなに怖いことはないです。それにいつ釣れても脂がのってないことが多いので健康的ですね(笑)

揚物・・・もとがさっぱりしてるので相性抜群。竜田揚げからフライまで幅広にイケます。

焼物・・・塩サバにして後日焼いて食べるとパサパサしていますがパサパサも大根おろしと一緒に食べれば美味しいので、焼く時は付け合わせを考えましょう。

煮物・・・サバなのでサバ味噌になることもありますがこれも確かにマサバと比べるとパサつきが気になることが多いです。なので味噌だれは汁気多めで作ると好相性です。

生・・・鮮度の観点からは、釣った当日がベスト。翌日以降はヒスタミンが怖くて食べたことありません。そしてアニサキスに注意です。ギンギンに冷やして持ち帰ってもいるときはいるのでぶ厚い刺身を食べたいなら下ろす際に良く見ておくか、一晩冷凍庫に入れるかです。

スポンサーリンク

ゴマサバの美味しい食べ方① ごまさば

ゴマサバでごまさば、刺身でいくならこれが最強。

本家はマサバを使うのかもしれないけれどゴマサバでも十二分においしくできます。最強鮮度のゴマサバの刺身でしか味わえない美味しさがあります。

作り方もシンプル。

  1. 刺身を切って皿に盛る
  2. すりごまをたっぷり乗せる
  3. 青ネギをたっぷり乗せる
  4. 特製のたれを回しかけて完成。

※たれ…醤油、味醂、日本酒を同量鍋に入れて3/1~1/2まで煮詰め、冷ましておく。

混ぜあわせて食べます。酒との相性も良いし何よりご飯との相性が抜群。ゴマサバの刺身を醤油だけで食べるとやや血っぽい香りが気になるという人もこの料理では全く気にならずにゴマサバの美味しさを堪能できます。

ごまさば
ごまさば。我が家は薄切りにしてアニサキスもろとも切り刻むスタイル。
すりごまは刺身が隠れるほどたっぷり乗せた方が美味しい。
スポンサーリンク

ゴマサバの美味しい食べ方② しめ鯖

敏感な人は血合いの香りがちょっと気になるかも。でも生姜と合わせればゴマサバのさっぱりとした美味しさを楽しめます。

マサバと全然違う仕上がりになりますが決してマサバに劣るものではなく、これも鮮度が良くないと作れない代物なのでおすすめです。

作り方は、ざっくりですが、、、

  1. 三枚おろしにする(腹骨はすきとる)
  2. 身が隠れるくらいのたっぷりの塩で40分ほどサンドする
  3. 水で塩をささっと洗い流し、40分ほど米酢に漬けて完成。しっかり漬けたいときは2時間ほどでも。

ペーパーで水分を取り、ラップして保存してください。食べるときは血合い骨を抜き、頭側の上部から皮を手で剥いて、切り分けます。

ちなみに経験上、作ったしめ鯖を真空パックして冷凍すると2週間ほどいけそうです。(保証はできないので自己の判断の元トライしてください。)

しめ鯖にしてもこんな感じで綺麗に光ります。(これは刺身にした時のですが)
スポンサーリンク

ゴマサバの美味しい食べ方③ 塩焼きor素焼き

当日限りの食べ方だと思いますが、これがもう本当に美味しいです。

塩をして1時間ほど置いて焼く。又は素焼きにして醤油を垂らしながら食べる。

当日はまだ身が落ち着いていません。その状態で焼くとどうなるかというと、ふわっとした食感になります。小型のサバであればワタだけ取って塩して丸焼きが抜群に美味しいです。

翌日以降だと普通に脂ののってないサバ、という感じになるのでご注意。

ゴマサバの塩焼き
スポンサーリンク

さあ、みんなで美味しいゴマサバライフを!!

個人的に美味しかった料理から3つ選んで紹介しましたが、ゴマサバは釣れた当日に食べるのが一番美味しいってことなのかな、と書いてて思ってしまいました。(笑)

番外ですが、強めの塩でつくった干物も美味しいです。大根おろしとセットなら朝食にピッタリなので試してみてください。

釣り人でなければ中々味わえない高鮮度のゴマサバ。釣れたら丁寧に持ち帰って美味しく食べましょう!!

スポンサーリンク

釣りしない人でも美味しいゴマサバを手に入れられる!!

ゴマサバにもブランドがあり、土佐の清水サバであれば関東でも超高鮮度の状態で手に入れることができます。

以前ふるさと納税で頼んでみましたが、氷詰めで最強の鮮度で来ました。活け越されているので状態は釣ってきたものよりも良いと思います。少なくとも釣ってきたゴマサバと同レベルの調理が可能でした。

土佐の清水サバ
丸々と太ったゴマサバが届いた

ものすごく綺麗に氷詰めされた状態で届くのでテンションめっちゃ上がります!!

土佐の清水サバ。尾に切れ込みが。もしや神経締め??

コメント