【初心者おすすめ】お手頃料金で午後から楽しめる東京湾の釣り船

気になること
スポンサーリンク

東京湾で手頃に釣りをしてみませんか?

釣りをやってみようかなと少しでも思っている方へ。

例えば今、このような状況ではないでしょうか。

  • 海釣りを始めようと思っているけど初心者だから何から調べればよいかわからない
  • 船釣りに興味あるけどがっつり1日船に乗りっぱなしはちょっと本格的すぎて敬遠…
  • 手頃に船で海釣りを楽しんでみたい
  • 東京湾で気軽に釣りをしてみたい

この記事ではそんな方向けに、東京湾(特に西側)で手頃な船宿の半日船の情報やポイントを紹介させて頂きます。

※紹介しているのは僕が今まで使ったことがある&勧められる根拠がある船宿だけです。ご安心ください。
※あと、今回は紹介記事なので”ですます調”です。

スポンサーリンク

東京湾の釣り船は比較的安くて半日船が多い

そもそもなぜ半日船?

東京湾沿いには横浜や金沢八景、横須賀など船宿が集中しているエリアがありますが、いずれの船宿にも午前、午後の「半日船」という半日プランがあります。

この半日船、超オススメなのです。

港から釣りをするポイントまでの距離が短いから成立するプランなのですが、利用者(特に初心者やライトに楽しみたい方)にとっては2点、大変大きなメリットがあります。

それは・・・

  1. 料金が安い!!
  2. 釣り時間がコンパクト!!

料金が安い!!てどれくらい安いのか。1日船と比較すると大体4割~6割の料金設定になっていることが多いです。

そして意外と重要なのが釣り時間がコンパクトということ。

海での釣りは、船で釣るにしても堤防で釣るにしても浜で釣るにしても磯で釣るにしても、体力の大きな消耗を伴います。

そんなに体を動かしているわけではないのですが、長時間風に当てられているだけで体に疲労がすごい勢いで蓄積されているのです。

そのため、1日船になると僕は毎回、朦朧とした意識の中で釣った魚を捌く羽目になったり、疲れすぎて家でぐたーっとなり妻に呆れられたりしています…

その点半日船は時間が短いので疲れすぎるということがありません。

つまり帰宅後も割と元気でいられるということ。1日を有効活用するのであれば半日船はおすすめなのです。

午前船と午後船、どっちが良いの?

どちらが釣れるか、、、という観点では、どちらでもOKです。朝マヅメや夕マヅメは外れているのでそこまで釣果に差は無いかな、と。

例えば始発電車に乗って間に合う距離で、かつ早起きできるという方であれば午前船も可ですね。

逆に始発でも間に合わないとか、そもそも朝弱いです、という方、また大人数で行きたいという方は寝坊して集合時間に遅刻するリスクの少ない午後船で行きましょう!

スポンサーリンク

東京湾で午後プランをやっている釣り船2選

さて、本題です。

朝弱い人が多いという前提のもと、午後は何時からで料金はいくらなのか、という情報をベースにおすすめポイントを具体的に紹介できる釣り船屋さんということで横浜エリアから1点、金沢八景エリアから1点ご紹介させて頂きます。

どちらも半日プランなので料金はリーズナブル。そしてレンタル品も揃っている船宿です。

横浜 打木屋釣船店

横浜エリアからは打木屋釣船店です。ここは僕が船釣りを始めたばかりの頃に利用させてもらったのですが、スタッフの温かさや同乗する釣り人の皆さんの親切さが嬉しかった記憶があります。

午後船は12:30出船で基本料金\5,700

出船手続きがあるので、遅くても30分前までの到着を目標にしましょう。

基本料金には餌も入っています。クーラーBOX以外手ぶらで行きたい方は貸し竿や仕掛け、オモリのレンタル諸々込みで+\1,000ほど見ておくと良いです。仕掛けは保証金で \2,000必要(仕掛け返却時に保証金は戻ってきます)とのこと。

最大のメリットはアクセスの良さ

この船宿は東急東横線の「 元町・中華街 」から徒歩5分にあります。

つまり「元町・中華街行き」急行に乗れば結構さくっと行けてしまう。車も必要ないし渋谷など都心からのアクセスも良いという結構レアな釣り船です。

本牧付近のポイントを重点的にアジを狙う

午後船はアジのみです。

本牧海づり施設の近場も含めてアジのポイントを回っていくのですが、結構な数が釣れることが多いです。僕が行ったときは50尾を超えて早上がりでした。100尾超えることもあるようです(笑)

初心者のアジ釣りに最適

この船宿、船長やスタッフに「初めてなので教えてほしいです」と言うとちゃんと釣りしている間もフォローしてくれます。言わなくても初心者丸出しだとちゃんと見抜いてアドバイスしてくれることもあります。

新安浦港  こうゆう丸

午後船は13:00出船で基本料金\5,500

こちらの船宿は40分前までにお越しくださいという案内を見た記憶があります。早めの到着が吉。

また、京浜急行の掘ノ内駅が最寄りなのでやはりこの船宿も結構アクセスが良いです。

駅からは徒歩15分ほどかかるので、駅についてから「午後に予約していた○○ですが、駅に着いたので送迎お願いできますか」 と電話すれば迎えに来てくれる&ちゃんと釣りの後も送ってくれます。ご安心を。

手ぶらで行く場合の追加予算は打木屋釣船店と同じ考え方で良いですが、氷を\100で買えるので買っておきましょう。アイスピックも借りられるので、それを使って巨大なブロックを割るのも楽しいです。

長靴のレンタルもやっている

意外と盲点になりがちなのですが、船は濡れます。特に足。

なので長靴を無料で貸してくれるサービスは結構貴重ですので書いておきます。(笑)

特筆すべきはアジの美味さ

この船宿も午後のアジ釣りプランがメインです。

そして何よりここは釣れるアジが美味しい。

脂がしっかり乗っているのに嫌な臭いも全くなく、なぜかリピートしたくなる美味しさなのです。黄金アジでも無いのに。

是非一度釣って食べてみてほしいです。個人的には干物がオススメ。

冬場はカサゴもやっている

実際は年中人が集まればカサゴ狙いでも船が出るそうですが、冬場で狙う魚の種類が少なくなるとカサゴ船が良く出るようになります。

カサゴ船は釣り方や誘いがシンプルでエサもサバの切り身だけなので、アジより釣りやすい&手が汚れにくいというメリットがあります。

トライしてみたい方は船宿に問い合わせてみると良いでしょう。

ここは心しておこう

釣り方は先に教えてほしいと言えば伝授してくれるので特に心配は無いかと思いますが、たまにぶっきらぼうな感じに怒られました。(笑)

ある意味昔の船宿っぽい船宿なのでそのつもりで行くとちゃんと楽しめると思います!

スポンサーリンク

東京湾の午後船にトライしてみよう!

今回 1日船よりもリーズナブルな価格でおすすめの船宿を2つ紹介しましたが、他にもそれぞれ特徴のある船宿は多いです。

アタリハズレが激しいですが、相性もあるので実際に行ってみないと自分にとって良いかどうかわからないというのも事実。

この記事の情報も参考にしながら、トライしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました