アジの脳天締めをする時の位置と方法を写真で解説【活け締め】

脳天締めがきまると口が開く 捌き方と下処理
脳天締めがきまると口が開く
スポンサーリンク

アジをできるだけ高鮮度で持ち帰りたい方へ!

自分の勉強も兼ねての脳天締めシリーズ、今回はアジ。船上でも簡単にできる非常に成功率の高いアジの脳天締めの方法をご紹介!

そもそもアジの神経締めって慣れないと結構難しい。

僕は差し込む位置とか、脳天締めできてもその後の神経締め用のワイヤーが通らなかったりとかで何度も失敗した苦い経験がある。

そして失敗の仕方によっては身がうっ血して食べたときに生臭くなったりして散々な結果に。

青物全般、前方から差し込む方式だとちょっと僕には難しいというか、コツが必要みたいで中々慣れない・・・船の上だとゆらゆらするし。。

でも、やっぱりアジを長ーく美味しく食べたいから活け締めはしたい!できれば脳天締めまでしてさらに鮮度持ちを良くしたい!!

そんな思いで色々調べたり試行錯誤した結果、初見でもめっちゃやりやすい脳天締めの方法を発見した。

ということで、今回は一般的に良く使われる活け締めの方法2つと、僕が一番オススメできる脳天締めの方法をそれぞれメリデメ含めて紹介。

この記事はこんな方向け

  • アジの神経締めに失敗続き
  • これからアジ釣りに行くので簡単確実に締められる方法が知りたい
  • できるだけアジの鮮度を保ったまま持ち帰りたい
スポンサーリンク

アジのメジャーな活け締め方法は「サバ折り」と「ワイヤー」

まずはアジを活け締めする時によく使われる方法を2つ紹介。

サバ折り:簡単だけど手がものすごく汚れる

鯖の鮮度を保ったまま持ち帰るための活け締め方法の一つである「サバ折り」。鯖折りとか首折れサバとか言われるあの方法だ。

サバ折りしたゴマサバ
サバ折りするとこういう感じ。(↑これはサバ)

アジでも全く同じように締めることができる。

アジのお腹を上にして、右手で頭側から、左手で胴体側から掴んで持ち、エラを起点にして背側にグイっと頭を折る。

これで背骨を折り、神経締めと同様の効果を得られる。後はエラを取るなり切るなりして血を抜いたらクーラーボックスへ。

・・・と、非常に早く処理できるのがサバ折りのメリット。で、デメリットは折った背骨付近の身が傷みやすいのと見た目。そして手が結構汚れること。

サバ折りした瞬間に血が出るので頭をしっかりバケツに向けてやらないと自分に血が掛かったりするし、少なくとも手は鱗や血などでがっつり汚れる。海水で少し洗ってからでないと次のアクションを起こしづらい。

前方からのピック&ワイヤー:できれば良いけど難しい

次は前方からピックを刺して脳天を破壊し、そこにワイヤーを刺しこんで背骨を通る神経も破壊する方法。その後にエラから動脈を切って血抜きをする。

これができると一番丁寧な神経締めになる。

↓まずこんな感じで眉間から目の後ろを目指して脳を破壊し、その穴に0.8mmワイヤーを通す作業になるが、アジの場合なぜかこれが結構難しい。

目の上部やや後ろを目指す
目の上部やや後ろを目指す
上から見るとこんな感じ
上から見るとこんな感じ。左上の穴は間違えて刺した場所

不安定な船上でお腹にトゲのあるアジを固定しての眉間から正確に刺しこむのがもう本当に難易度高いんだよ・・・

大人しくしててくれれば良いんだけど、元気に暴れまわるし、ワイヤー刺しこんだりする手間もかかるので正直釣れたアジすべてにこの処理をできるかというとかなり面倒。そして失敗するリスクも低くない。

さらに慣れない時は刺しこむ位置や向きを間違えることがある。アジは少しでも奥に刺しすぎると可食部まで到達してしまうので、身が傷んで食べるときに嫌な臭いを出す場合もある。(経験あり)

そんなことになったら超もったいない。

なので、この方法は少なくとも初心者向きではないと思う。

成功すれば一番確実な神経締めの方法というのがメリットだけど、一方で慣れないうちは失敗することも結構あるというデメリットがある。

スポンサーリンク

イチオシなのは横からの脳天ピンポイント締め

ここからが本題。

これから紹介する方法は、上二つの方法のデメリットである「手が超汚れやすい」「慣れないと失敗しやすい」いずれもクリアしている。

で、具体的にどうやるかと言うと…こんな感じ。

ピックでピンポイントを突く!!
ピックでピンポイントを突く。

アジを横に置き、脳がある位置を横からピンポイントで突き刺す。

狙う位置を細かく解説

正確に1点をねらって突き刺すことが大事。

↓この穴の開いてる場所を狙って、垂直に真ん中までしっかり突き刺す。途中少し硬いところを抜ければ脳に届く。

正しい位置に差し込んだ例
正しい位置に差し込んだ例

アジの口が開いて大人しくなれば脳に届いた証拠。ならなければ真ん中まで刺したままピックの先を口の方向にすこし向けてグリっと。これで上手くいかないことはほとんど無い。

刺しこむ位置を斜めからも確認

斜めから
斜めから

少し斜めから見るとより分かりやすいかも。ポイントはエラの線の上ではなくそれより目の方に近い場所が脳の位置ということ。

刺しこむ位置を上からも確認

上から。目の後ろピンポイントを狙う。
上から。目の後ろピンポイントを狙う。

上から見るともうちょっと分かりやすい。目の後ろのところが狙う場所。

刺す位置を微妙に間違えた例

船上でやりがちなのが、より分かりやすい位置に刺してしまってうまく脳天締めができないケース。

僕も1回場所を間違えた。それが↓これ。

この位置だと結構前の方に差し込まないと脳天締めできない
この位置だと結構前の方に差し込まないと脳天締めできない

一見問題なさそうに見えるが、アジの脳天を横から刺す場合、一般的に言われているようなエラの縦線と稜線が交わるところよりもやや前でなければならない。

具体的には↓ここ。赤い✕をつけてあるところが正しい。

✕の部分ならまっすぐ突き立ててやや前方にぐりっとするだけで脳天締めできる
✕の部分ならまっすぐ突き立ててやや前方にぐりっとするだけで脳天締めできる

もし間違えて少し後ろ側から刺してしまったら、しっかり前方に針先を向けて脳を丁寧に狙おう。それでもちゃんと脳天締めできる。

脳天締めが成功したかどうかは口の動きで判断する

脳天締めをきちっとできたのかが分からないと正確な処置は施せないので見分け方もメモ。

脳天締めがきまった時はヒレがたったり、一回大きく動いてから大人しくなったりする。ただ、一番分かりやすいのは口を見ること。

ちゃんと脳天締めができると、アジの口が開く。

↓このようにちゃんと脳天締めができてれば口が開いて動かなくなるので、それでちゃんと処置できたのかどうかを見極める。

脳天締めがきまると口が開く
脳天締めがきまると口が開く

横からの脳天締めのメリデメ

この方法のメリットとデメリットがこちら。

  • メリット = 刺す場所を覚えれば簡単&確実&早い!!
  • デメリット = 神経締めのワイヤーを通せない

足場が不安定な船上で即座に脳天締めできるのは結構大事。慣れればサバ折りのように手が汚れることも無く5秒ほどで締められるので、そのあとエラと動脈を切って血抜きすればOK。

デメリットを正確に書くと、神経締め用のワイヤーを通したいなら尾を切って切断面からワイヤーを通すか頭側から改めてワイヤー用の穴をあけるか、ワイヤーの先を尖らせて鼻から刺しこむかの手間がかかるということ。

スポンサーリンク

まとめ

アジを船上で締める時は常に足場が不安定な状況で実施することになる。しかも入れ食い状態で忙しくなることも多い。

そんな時、毎回丁寧に前方からピックで脳天締め→ワイヤーを入れて背骨の神経破壊という処置をできるかというと、それよりも早く次の一匹を釣り上げたくて焦ってしまう(はず!)。

そして焦るとそれだけ失敗するリスクが上がってしまう。

そのため、できるだけ素早く確実に活け締め処理をするのであれば、今回紹介したピックで横から脳天締め→エラと動脈を切って血抜き、という方法がオススメ!!

ワイヤーを使った神経締めまですると丁寧に実施する方法と同じように手間がかかるけど、アジはもともとそこまで日持ちさせる魚でもない(誰が食べても美味しいと感じるのは大体5日目くらいまで)のでワイヤーを使えなくてもあまり神経質になることは無いと思う。

ということで、アジが沢山釣れていて一匹一匹にそこまで時間をかけていられないという時はぜひこの方法を試してみてほしい。

それでは良いアジライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました