【色も味も別物】本マグロと南マグロを食べ比べてみた【焼津】

赤身と中トロのコントラストが強い! お魚取り寄せ
赤身と中トロのコントラストが強い!
スポンサーリンク

本マグロと南マグロって何が違うのか知ってる?

本マグロと南マグロってね、種類が違うんだよ。本当は本マグロじゃなくてクロマグロって言うんだよ。

そんなことは正直どうでもよくって、この記事に辿り着いた人が知りたいのはマグロの味の違いなはず!!

「本マグロと南マグロはどっちが美味しいの?」

ということで、今回は王道の本マグロと南マグロを食べ比べてみました!(マグロといえば相模湾で釣りの人気ターゲットとなっているキハダマグロ、ほかにもメバチやビンチョウも気になる存在だけど)

大トロと呼ばれる部位があるのはこの2種類だけ。そしてスーパーでもほかのマグロとは扱いが上になることが多い本マグロと南マグロ。

年末年始はマグロだーー!!と意気込んでいる方もそれぞれのマグロがどんな味わいなのか知っておくと良いかもしれないよ!

この記事はこんな方向け

  • 美味しいマグロを買おうと思ってるんだけど本マグロと南マグロってどんな感じなんすかね?
  • あっさりした味わいのマグロを探してる
  • 濃い味わいのマグロを探してる

本マグロと南マグロは信頼できそうなお店から天然ものをお取り寄せ

マグロと言えば焼津!!

ということで、マグロの本場である焼津のお店でも評価の高いレビューが多かった「福坊」というお店からマグロを取り寄せてみた。

↓こんな感じで送料無料のマグロや訳ありのマグロも多く、結構お得感があるお店。


天然南まぐろ3品福袋 中トロ700g&天身500g&たたき身100g×5 送料無料
スポンサーリンク

天然ものを食べる前にまずは養殖本マグロを食べてみる

さて、今回食べ比べたいのは天然ものの本マグロと南マグロ。

ただ、基準の味を知らない事には比較も難しいと思ったので、まずは養殖ものががどんな味なのか確認してみることにした。

マルタ産養殖本マグロの中トロを食べてみる

スーパーで購入したマルタ産本マグロ
スーパーで購入したマルタ産本マグロ

こちら100gあたり800円!スーパーで売られているマグロとしては結構高いかも?

切ってみたら綺麗なピンク色
切ってみたら綺麗なピンク色

見た目は鮮やかなピンクでとってもきれい。お刺身用に切りつけて醤油をすこーしつけて食べてみると、、おお、口に入れた瞬間ほどけるようにとけてくー!

あれ、俺今噛んだっけ?もはや舌の上で勝手に溶けていった感じだったけど、、あ、同時に脂がずしっと来た。

あー確かに。中トロっていったらこんな味だったような気がする。

それに赤身特有の少し酸味のある味わいもあるし、なんとなくマグロっぽい香りもあるし、変な臭みも全くない。

大変優秀な中トロ・・・・・・・

なんだけど、、なんか味があっさりしてるような?

物足りない感じがあるというか。

「マグロってこんなもんです」って言われればそうですかーって納得するんだけど、奥深さがもうちょっとあっても良い気がする。

家族もおおかた同じ意見で、「味がぺらい(薄っぺらい)」とのこと。

そうか、ぺらいのか・・・。これって養殖だからなのかな?

ふるさと納税で養殖本マグロ中トロを頼んでみる

他の産地の中トロも食べてみようか!ということでちらちら探しているとふるさと納税のサイトで養殖本マグロの中トロが相当割安な金額で設定されていた。

出品してるのは地元でも結構信頼できそうなお店だったので頼んでみるとグリーンパーチに包まれた冷凍便できた。

まさかの産地不明(笑)

筋がいっぱい入ってて食べられたもんじゃないとかにならないといいけど・・・と心配だったけど、

ふるさと納税でやってきた本マグロ
ふるさと納税でやってきた本マグロ

解凍してみたらとてもきれいな中トロさんです。変な筋も無いし臭いも無い。

早速お醤油少しつけて食べてみると・・・おや。

まずくない!!いやおいしい!!

変な臭いが無い代わりに風味も薄い。微かに養殖脂っぽい感じがあるけど全然気にならない。ついでに旨味?酸味?もあまり感じない。

脂はしっかり入っててとろけるような食感。スーパーで購入したマルタ産よりも食感が活きてて美味しいかも。

でもなーんかやっぱり薄い気がするなー。良く言えば上品なんだけどなー。

なんとなく大分の美人鰤を思い出す。養殖物の中ではかなり香りが上品でどんな料理にも合いそうな鰤。このマグロもそれに似てて、そのまま直で食べるよりも色んな味付けを足して装飾してやった方が美味しいかもしれない。

照り焼きにしてみた

結構な量あったので照り焼きにして食べてみた。

照り焼きにしたら養殖ブリみたいな味になりました
照り焼きにしたら養殖ブリみたいな味になりました

なんかあれですね。

脂が外に出て身が締まってただのツナですね。

強いて言えばブリ。養殖ブリの身が締まってる尾に近い背側の身。あえて作るようなもんでもなかった。。

スポンサーリンク

南マグロやってきました!

さて、ここからが本番!

福坊さんからまずは南マグロが到着!インド洋産とのこと。

冷凍でがっつり入ってきました
冷凍でがっつり入ってきました

解凍手順は↓こんな感じ。

  1. 流水で表面の切りカスを取り除く
  2. ペーパーで水気を取り、ビニール袋に入れる
  3. 空気を抜いて氷水へ入れる
  4. 半分解凍できたらOK!切って盛り付ける。

そして解凍してみたのがこちら!早速切りつけて食べてみるぜ!!

解凍してみた赤身と中トロ
解凍してみた赤身と中トロ
スポンサーリンク

南マグロの赤身と中トロを食べてみる

南マグロの赤身:色も鉄分も濃いめ

深い赤色が印象的な赤身です
深い赤色が印象的な赤身です

赤色が濃いですねー。

何もつけずに食べてみる

まず何もつけずに食べてみると、鉄分が多いのが分かる。鉄っぽいというか、血っぽい風味。なるほど、これは確かに天然ものっぽい。分かりにくいけど、鉄分の多いエゾシカや鳩の肉と共通する風味を持ってる。

食感も良い感じ。だれてることも無く、硬すぎるなんてことも無く、サクッと噛めるけどどこかトロっとしたような感じもあってバランスが良い。

さて、醤油をつけて食べてみると・・・

あら、醤油が鉄っぽいマグロの風味と良く合うんですねー!美味しいよ!!

脂は無いからサッパリしてるんだけど、臭みは全く無いし後味にへんな香りが残ることも無い。

なんて素直な赤身・・・!!

山葵もちょろっとつけてみるとさらに美味しい。鉄分の多い肉ってわさび醤油があうんだけど、マグロの赤身も同じようにとっても相性良いみたい。

鉄っぽい風味を山葵が爽やかな感じにして、そこに醤油の旨味も乗っかってきて良い感じよ!

南マグロの中トロ:鮮やかな色で脂がしっかり美味い

白に近いピンク色
白に近いピンク色

さて、中トロはどうかなー?

何もつけずに食べてみると、、おお、口の中で溶けない。養殖本マグロと別物だ!

食感はしっかりあるものの噛んでると次第にほどけていくように溶けていく。最初はお刺身食べてるはずなんだけど次第に溶けていく感じ。これは中々おもしろ食感。

あとなーんか赤身より血っぽい感じが強いな。そのままだとちょっときつい。醤油つけてみよ。

どれ。

おおおおおお!!!うんまーーーーーーーーーーー!!!!!

良く分からんけどめっちゃうまい!!醤油つけたら化けた!?

・・・あ、わかった。

これ脂が美味いんだ。

何もつけずに食べて血っぽい感じが強いと思ったのは脂の香りだ。カワハギの肝の香りや氷見寒ブリの脂の香りに近い。天然ものの美味しい脂によくある香りだわ。

なるほどな。食感はしっかりあるけど脂も強くのってるから噛むごとに溶けていって、脂の旨味や甘み、風味がどかーんってくるわけっすね。

あ、食べた後にツナっぽい香りが来た。

脂の美味しさがすごいけどクセも強いな中トロ。(笑)

南マグロまとめ

ここまで食べてみた南マグロの感想をメモ( ..)φ

赤身と中トロのコントラストが強い!
赤身と中トロのコントラストが強い

赤身

食感はサクッとトロっと心地良い。脂はのってないので食後も爽やか。とても素直な味だった。驚くほどの何かがあるわけではないけど、「間違いのない美味しいマグロ」ならこの南マグロの赤身が良いと思う。

中トロ

赤身より主張が強い。最初はお刺身を食べてる食感があるんだけど2,3回と噛んでいくとどんどん溶けていく。とともに脂の存在感が一気に主張してきて圧倒される。強く感じるのは脂の甘みと香り。醤油と合わせるととても美味しい。食べた後しばらくするとツナっぽい香りが残ってることに気づく。

どちらも天然もの特有の香りがあった。

スポンサーリンク

本マグロもやってきました!

続いて本マグロも到着!こちらは大西洋産。

やっぱり冷凍でたくさん入ってきました
やっぱり冷凍でたくさん入ってきました

こちらを解凍してみるとこんな感じ。うーん、こちらも美味しそうですねー!!

赤身と中トロ。
赤身と中トロ
スポンサーリンク

本マグロの赤身と中トロを食べ比べてみる

本マグロの赤身:穏やかしっとり系

しっとりした赤身
しっとりした赤身

赤い。赤いぜ。

とりあえず何もつけずにそのまま食べてみると、なんだか鉄っぽい風味がある。けどそんなに気にならないかなー。意外と穏やか。

今度は醤油をつけて食べてみると・・・ん。

美味しいねー!!

脂が無いからサッパリしてるけどなんだか味に複雑さを感じる。食感も柔らかめ、脂は無いのにどこかトロっとしてる。

あと、なんだか「マグロっていったらやっぱこれだよ!」って感じがなんとなーく・・・マグロと言えばやっぱりこの味でこの食感でこの風味で、どこか懐かしい。

とびぬけて美味しいとか感動するとかではないんだけど、美味しいマグロの基準点になりそうな味わいかも。

本マグロの中トロ:

ちょっと焦って切りつけたからかすごく見た目がアレだけど味わいに関係ないことを祈る!

本マグロの中トロは味わい深い。
本マグロの中トロは味わい深い。

部位的には南マグロと同じところだと思うんだけどそれよりも少し赤色が強い気がする。

中トロの部分と少し赤身の部分も入ってるような感じ?とりあえずそのまま食べてみると・・あー、やっぱりどこか複雑な味わいがあるな。

鉄っぽい感じは強いけど風味がそこまでキツイってことは無い。食感も最初しっかりしててその後とろける感じがあってそのままでもわりと食べやすい。

次に醤油もつけて食べてみる。

おお、美味い!!

南マグロに負けず脂がしっかりあってとろけるぜ!!

さらに養殖と比べると脂に良い味がのってるのと、身自体の風味がしっかりしてるのが分かる。

食感も栗に入れてすぐとけていくというよりほろほろと離れていく感じかも。

クセは強くなくてすっきりした脂の香りで何とも穏やか。マグロに対してあっている表現か分からないけど、「上品」なイメージ。

本マグロまとめ

赤身、中トロどちらも共通して穏やかな味わいがあったのが特徴的。忘れないうちにメモ( ..)φ。

赤身

これを食べれば誰もが「マグロってこの味だよね」と感じそうな不思議な、なんだか懐かしい味わい。何となく複雑さもあり、なるほどこれがマグロってやつかと言いたくなる。

中トロ

上品という言葉がしっくりくる。先に南マグロの力強い中トロを食べた後だからかもしれない。あと部位が少し違って中トロと言っても少し赤身に近いところだったのかもしれない。

脂はしっかりのってるんだけど食感もちゃんとしていて複雑な美味しさを感じる。養殖のように口に入れたら溶けるようなものではなく、何回か噛むとそのたびにほぐれていくような感じ。

ちなみに後味のツナ感も弱め。

スポンサーリンク

本マグロと南マグロを直接食べ比べてみる

赤身を比較

せっかくなので両者を同じタイミングで食べ比べてみる。

上が南マグロ、下が本マグロ
上が南マグロ、下が本マグロ

淡い赤色をしている手前が本マグロで、深い赤色をしている奥が南マグロ。同じ赤身でも少し部位が違ったかな・・・?

身質がより柔らかくて複雑な味わいと穏やかな香りがあるのが本マグロ。鉄分がより多い味わいでそれだけ強い風味やどっしりとした美味しさを感じたのが南マグロだった。

どっちも美味しいんだけど、家族の中で本マグロ好きと南マグロ好きは綺麗に分かれた(笑)

どっちが美味しいかというというより、もう完全に好みっぽい。

中トロを比較

こちらもちょろっと見た目を比較してみた。

上が本マグロ、下が南マグロ
上が本マグロ、下が南マグロ

赤色の強いのが本マグロで、より脂が強くて白い方が南マグロ。やっぱり同じ中トロと言っても微妙に部位が違うのかな?

食べて感じる特長は赤身とよく似てる。

本マグロは少し奥行きのある落ち着いた美味しさ。一方で南マグロはストレートにうまい!!って感じ。柔らかくて本当にとろけていくようで酢飯を脂と柔らかい身で包み込むような贅沢な味わい。

そして脂の香りも南マグロの方が強くて、それだけにクセも強い。

スポンサーリンク

まとめ

本マグロと南マグロどっちが美味しいのか

どっちも美味しかった!

けど、好みは分かれそうなくらいに味の違いも確かに感じたので、中トロを食べ比べた結果分かった見た目や味わいの違いを↓の表で表現してみる。

本マグロ南マグロ
色合い落ち着いたピンク白に近いピンク
脂の強さ強いけど落ち着いてる強くて贅沢感あり
味の印象奥行きがあるストレートで力強い
香りクセが無いややツナっぽい感じがある
中トロ比較結果

もしかしたら今回食べたマグロたちの部位が微妙に違った可能性もあるし、産地の違いや水揚げ後の処理の違いなど、味わいに変化を出す要素が多くあるので今回食べ比べた結果をまとめた上の表はあくまで一例。

でも、これでどんなマグロ体験をしたいかで本マグロなのか、南マグロなのか選ぶことができそうだ。

↓こんな感じ!!

  • 味や脂しっかりしててかつ食べやすいマグロが欲しい・・・本マグロ
  • 骨太で力強い美味しさのあるマグロが欲しい・・・南マグロ

ちなみに今回美味しさの瞬発力があったのは間違いなく南マグロだったので個人的には南マグロの方が好きだった。

でも、、上でも書いたけど、本マグロも産地で味が変わるっていうから一概に今回の結果がすべてとも言えないんだろうなーと思う。

例えば今回の本マグロは大西洋産だけど、ほかにもメキシコ産とか日本近海(大間)とかあるし。機会があればほかの産地のマグロも食べてみたいところ。

オススメのマグロたち

今回食べ比べた天然マグロは福坊さんから取り寄せたもの。

このお店は家庭用の訳あり品を安く提供してくれる&味に間違いがないのが良いところでした。本マグロ、南マグロともにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました