【のん気な魚屋】旬の魚が入ってくる室戸岬の鮮魚セット【感想】

巨大な魚セット お魚取り寄せ
どれもとても大きいサイズで素晴らしい
スポンサーリンク

新型コロナで釣り自粛中。魚も枯渇中。

昨今の新型コロナウィルスに対する自粛ムードを無視することはできず、もはや4月の釣りは諦めた!

釣りに行かないならその分の予算を他に充てるしかない。

何に使うかって、、そりゃあもちろん鮮魚セットですよ。

釣りで活け締めの鮮魚を手に入れられないならプロから購入するしかないわけですよ。それにコスト面なら船釣りより圧倒的に有利なのが鮮魚購入の良いところ

お金も時間も最短でお魚をゲット出来るからね!

・・・という感じで釣りに行けないフラストレーションを鮮魚セットにぶつけるぜ!!

スポンサーリンク

釣りの予算を充てるので少し贅沢な鮮魚セットを選んでみた

即発送に応えてくれるのは「のん気な魚屋」ならでは!

木曜日、仕事で疲れた身で電車に揺られながら「これはもう鮮魚セットだ!!」と決断してから即行動。

金曜日に発送してもらって土曜日には思う存分海鮮丼を食べたい!!という衝動的な買い方に一番心強いのが「のん気な魚屋」だ。

前回ここのサービスで産地お任せ鮮魚セットを頼んでみたら室戸岬からの素晴らしく面白い鮮魚が届いたのは記憶に新しい。

なので今回も室戸岬!

ものによっては午後水揚げされた魚を発送してくれるのもここの産地の特徴の一つで今回も中々良い魚を送ってくれるのではと期待が高まる。

今回は8000円の予算で要望を出してみることにした

室戸岬の産地からの鮮魚セットとして、今回は8000円の「普通」で下処理「そのまま」を選択。

そしてこんな要望を備考欄に書いてみた。

大きいお魚、ほしいです。
金目鯛は良く食べるので、できれば他のお魚をお願いします。

「大きいお魚、ほしいです」=大物釣ったぜ!という感じで楽しもう!という趣旨である。

「金目鯛は良く食べるので…」=昨年末からやたら金目鯛を釣ったり食べたりしているのでしばらく食べなくて良いかな、と。室戸は金目鯛の産地としても有名で前回も大きな金目鯛が入ってきたので念のため避けたい気持ち。

下処理も敢えての「そのまま」。なぜなら釣った感を味わいたいから!

スポンサーリンク

高知県室戸岬の「旬」な魚が届きそうな気配

発送メールでまさかのラインナップにざわつく

夕方届いた発送連絡のメールをみたらなんと驚きの魚種が!!!!

マダイ/刺身・カルパッチョ・煮物・フライ・焼き物・蒸し物など。
メジナ/刺身・カルパッチョ・フライ・焼き物など。
ブリ半身/刺身・カルパッチョ・煮物・ムニエル・焼き物など。

ブリ半身・・・?

え、ブリ・・・?半身・・・??

2か月くらい前にワラサを食べたり、最近は安売りされやすいブリを良く食べていたところにきちゃいましたか。まさかの

・・・最近、ブリ、良く食べてるんだよなぁ・・・近くのスーパーが21:00あたりで安売り始めるんだけど、中でもブリは色が変わりやすいので味が全然いけるのに半額になることが多い。よってブリは最近庶民の味方に近づいているイメージ。

そして、半身?ということは諸々下処理してくれた状態になった2枚おろしの片割れ入れましたよーってことですね・・・?

ほほう・・釣った感を味わおうとしていたけどまあ処理が楽ならそれはそれでアリか・・・。

そしてあとはマダイとメジナ、と。大きさにもよるけど少しお高めに設定した予算はほぼほぼブリに費やされたかな?

高知県のブリとマダイはこの時期まさに「旬」らしい!

魚種が少ないのは良いんだけどまさかブリをドーンと送ってくるつもりなのか…?とややビビりながらもう一つ気になることが。

ブリってさ。もうこの時期寒ブリでもなくなって旬すぎてるんじゃね?

・・・と心配になって調べてみたらまさかの高知県の室戸ブリ、旬は3月~5月で旬ど真ん中!しかも高知県のプライドフィッシュ!!

杞憂どころか「最近ブリ食べてるしなぁ・・・」とか考えてしまった自分が恥ずかしくなってきたw

定置獲れたて室戸ブリ|高知県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
漁師が選んだ本当においしい自慢の魚、プライドフィッシュ(PRIDE FISH)の公式Webサイトです。各都道府県のプライドフィッシュの情報や食べられるお店、買えるお店の情報、プライドフィッシュなど魚を使ったレシピ集などを掲載しています。

漁師も虜になるほどの美味しさだってえええ!?

これは期待せざるを得ない!!

そしてなんとなくこの時期はマダイのイメージがある。秋とか春先はなんだかマダイが旬の釣り物として関東でもラインナップされている。

そして高知県ではというと、、やはり旬!!↓高知県の旬のカレンダーでも「特においしい季節」として4月にマークされてる。

高知県の旬のマダイにも期待できそうだ!

スポンサーリンク

そして届いた立派な(巨大な)魚たち

関東へは水揚げ翌日の午後に到着する。今回は15:00くらい到着したので晩御飯にはブリの刺身が良いかな!と思いながら早速下処理&賞味させて頂きました!

上品な美味しさの大きなメジナは優秀な美味しさ

メジナ
通年出荷される良型メジナ

クロダイと並び、生息する海域の環境からもろに影響を受けやすい魚の代表格。高知県では通年出荷される魚のようだ。

一般には冬の方が味が良いイメージだけど今回はどうかな・・?と思っていがなんの心配もいらなかった。間違いの無い上質な白身。

刺身を何もつけずに食べてみると、しっかりした旨味と磯の香りをほんのり感じる。醤油をすこーしつければ香りが昇華されて実に美味い。

あぁ、おいしいっす。

おおぶりに切ったメジナの刺身
おおぶりに切ってみたメジナのお刺身 ※興味本位でトライしたカラシは相性良くなかったです

ついでにムニエルにしたら身がふわっとしててお刺身よりも好きかも。胡椒してなかったらやや磯の香りを感じたので、多少香りづけのハーブorスパイスは使った方がよりおいしく食べられるかもしれない。

マダイも良い大きさのものが到着

マダイ
体長50cmを超える立派なマダイ

メジナよりさらにデデーンとした大きさのマダイ。鱗はメジナよりやや小さく取りやすい。そして昆布締めや鯛飯、しゃぶしゃぶ、茶漬け、何にしても美味しく食べられる魚なので重宝する。

今が旬というせっかくの季節物でもあるし、まずはタケノコやワカメと一緒に軽く煮付けてみようかな。

とか考えながら、まずは鯛茶漬けで頂きました。福岡のばあちゃんち近くの郷土料理のような扱いでもある鯛茶漬け。酒醤油味醂を全て同量でアルコールを飛ばしたタレにすりごま、のり、わさびと刺身を和えていただく。

アツアツの出汁やお茶をかけて刺身が軽い霜降りになった状態で食べるのもまた至高の美味しさを誇るとんでもない料理だ。

これを食べられるだけでも真鯛の価値は高い。

ちなみに東京湾産と違って妙な臭いは一切ありませんでした!!

特大の魚は脂ががっつりのった天然もののブリ

そして「大きな魚」代表のブリ!

でかさがヤバい!!

これが室戸の天然ブリ!!
これが室戸の天然ブリ!!

頭を取った状態で2枚おろしの半身とカブト割の半分が入っていた。釣った魚を捌く用として使っている横幅50cmのまな板を軽く超えてくる。ちょっとまえに釣ってきた70cmほどのワラサととは迫力が全然違う。

これがブリってやつなのか・・・!!

そして養殖ものと違って天然ものではこの大きさにならないとブリと呼んでもらえないということなのか・・・!!

背側もサシの入り方が半端ない
背側もサシの入り方が半端ない

柵取りしてみると脂がすごく良い感じにまわったブリだとわかる。この後刺身で食べてみたけど、まあ至福の一時でしたわ・・・・

旨味もあるし酸味もあるし脂の心地よい香りと美味さもある。不思議と香りが良い。カボスブリのように柑橘の香りがあるとかではなく、魚の脂のコクのある香りを感じる。肉で言えば、野生の鹿肉の脂で感じる香りに通じる、やや野趣のある香り。

そして天然ものが養殖ものとやや違うと思う特徴のひとつだが、身がある程度締まっているという点もすごく良い。食べている感がちゃんとある。

うーん、やばいな。

高知県室戸産のブリ、めっちゃ美味しいぞ。

プライドフィッシュと言われるだけはあるなと実感できる。

スポンサーリンク

要望にしっかり応えてもらえて感謝!!

「大きな魚、ほしいです」というシンプルなリクエストに対してこれでもかというほど大きな魚を送ってきてくれたのん気な魚屋さんの室戸鮮魚セット。

鱗やワタ取りから下処理をしたので久しぶりに新鮮な魚を扱った感もあり、釣りに行けないストレスにも一定の効果があったと思う。

大きすぎて超驚いたけど、旬の魚を入れてくれていたというところは大変ありがたい。

室戸岬産の魚の美味しさをしっかり味わうことができて大満足!!

コメント