【感想】のん気な魚屋の鮮魚「産地おまかせ鮮魚セット」を通販で取寄せてみた

鮮魚セットの海鮮丼 お魚取り寄せ
鮮魚セットで作った海鮮丼
スポンサーリンク

のん気な魚屋の産地おまかせセットを初注文!

2月は諸事情により釣りに行けないので折角だから鮮魚取り寄せの新規開拓をしている。

今まで頼んでいないお店で変な魚も扱ってくれそうで鮮度に間違いの無さそうな所・・・というと以前から少し気になっていたサイトがあった。それが「のん気な魚屋」。

鮮魚セットは何も楽天やYahooショッピングだけで取り扱われているわけでは無い。この「のん気な魚屋」も鮮魚の通販をがっつり取り扱っている専門サイトの1つ。

このサイトでは複数の産地から鮮魚取り寄せができるが、今回頼んだのは産地すらもお任せというほぼ全てを任せるスタイルの注文。

どこかの産地を指定しても良かったのだけれど、気持ちは「どこでもいいから美味しいお魚食べたい!!」だったので逆に指定しない注文にしてみた。

スポンサーリンク

産地おまかせ鮮魚セットは注文してからの最短発送が可能

のん気な魚屋で頼んでみた産地おまかせ鮮魚セット。いざ注文方法をよく見ていると、、なんと他のサイトでは見たことが無い特徴があった。

発送希望当日の午前中まで注文可能!!

これがマジですごい。

月曜日の23:59までに注文したら火曜に発送しますよ…でも「いいね!」となるところがまさかの発送当日でも注文可能!!発送当日の午前中までであれば注文受け付けられるらしい。

関東であれば注文日の翌日に魚が届くことになる。

もちろん漁の結果によっては発送できないこともあるけど衝動的にお魚食べたい!!となったと時の超絶心強い味方だ。

下処理無料!!

「そのまま発送」「さばいて発送」の2択で選択できるようになっている。

薄造りといったところまでの受付はできないが2枚おろし、3枚おろしくらいまでならやってくれるそうだ。何に料理するにしても鱗とワタは取り除いてもらって困らないので「さばいて発送」を選択した上で備考欄に「鱗とをワタを取ってくださればOKです」と記入してみる。

お魚のタイプまで指定可能!!

お魚のタイプも「高級志向」「通常」「量多め」から選ぶことができる。

人数が多ければ「量多め」、少なければ「高級志向」が良さそう。このあたり、産地を指定しないのですべてお店にお任せしてみようということで今回は「通常」で頼んでみた。

スポンサーリンク

メールで発送したお魚の情報が事前連携される仕組み

今回は室戸から発送!

今回頼んだのは送料込み5400円の鮮魚セット。夕方あたりにメールで発送連絡が来て、クロネコヤマト便で室戸から発送とのことだった。

なるほど室戸とな!!太平洋に面しているから青魚メインかなー?とか思っていると丁寧に発送したお魚のラインナップも添えられていることに気づいた。今回はこんなラインナップみたいだ。

  • キンメダイ
  • イトヒキアジ
  • ユメカサゴ
  • ホウセキキントキ
  • クロムツ子

何だか中深場五目やオニカサゴ狙いで釣れる魚がチラホラ…キンメダイやクロムツは釣りもので食べているのでそんなに驚かないけどユメカサゴはまだ釣ったことがない。前回の鮮魚セットでウッカリカサゴが入ってきたので色々と比較してみたい欲が湧いてくる。

ホウセキキントキはめっちゃ美味しいらしいのでお寿司候補、イトヒキアジは淡白らしいけどカイワリと似ているとの評価もあるので…塩で軽く締めて寿司でも良いかもしれない。

・・・といった感じで、事前にどの魚から食べていこうか作戦を練られるので魚が届いてから処理へのタイムラグを小さくできる事前連絡は結構助かっている。漁師さん直送市場でも同様のサービスがあるけど中々便利ですね!

スポンサーリンク

楽しそうなお魚5種が無事到着!

関東へは最短14:00-16:00の便で届けてくれる。午前中配送ではないものの午後一に届くなら全く問題無し!ということで他の配送と一緒に待っているとクロネコヤマトで到着!

発泡スチロールは少し大きめの物が使用されていて、下に保冷剤+新聞紙+お魚inビニール袋+新聞紙+白い紙+領収書、みたいな構成になっている。

産地お任せ鮮魚セット!
やや大きめ
スポンサーリンク

5種それぞれにあった調理法でガンガンお魚欲を満たしていく!!

開けてみるとメール連絡の通り5種類のお魚達が・・・!!

大きい魚と小さい魚
大きい魚と小さい魚

てかキンメでかいな!

今回、とにかく美味しいお魚が食べたかった欲が強かったのでムツ以外の魚はすべて海鮮丼に入れてお刺身&お寿司として食べてみた!(記事タイトルの画像が海鮮丼)

それぞれの感想は個別にかいていくけど今回の鮮魚セットで分かったのは「金目鯛ってすげーな」ってことだった。

でっかい金目鯛はとりあえず2枚おろしと兜煮で

でか金目鯛
でか金目鯛。脂ののりはそこそこ。

金目鯛は昨年末から釣りで結構な数の顔を見ているし脂のノリが凄いトロキンメも味わったので特にどうこうしたい欲が無いんだよなー、と思いつつ金目鯛をまな板に置いてみるとまあでかい!!今まで釣った金目鯛より立派で威厳すら感じるサイズ!

身の状態はかなり柔らかくなってきているので早めに何らかの処置をしてあげた方が良さそうと判断してまず2枚におろして半身を炙りに、もう半身は炊き込みご飯用に軽く塩をして水分を抜いてみる。

頭は梨割りにしてカマと一緒に兜煮!

金目鯛とユメカサゴの兜煮
金目鯛とユメカサゴを兜煮に。

炙りにした半身は海鮮丼のネタにしてみたところ、以前釣ったトロキンメよりあっさりした脂の乗り。身の旨みや柔らかさは釣り上げた金目鯛の熟成4日目くらいと同じ印象だった。

それにしてもうまい。優秀なお魚だ。

ちなみに半身は1日経過しても全く何の臭みも出ていない。身は柔らかかったものの間違いなく高鮮度の状態だったということだ。

イトヒキアジは謎が多いのでまずはお刺身&炙ってみる

イトヒキアジ
イトヒキアジ

イトヒキアジ、どんな特徴があるのか評価を調べてみると大体「淡泊」「水っぽい」「これといった特徴が無い」といったコメントに行きつく。ついでに大型になるとたまにシガテラ毒を持っていることもあるらしい。

水っぽい魚って正直今まであまり食べたことが無い・・カレイやニシンは水っぽいって聞くよなー。あのあたりの魚は煮付けにすると美味しかったな。

ということでまずは皮を引いて刺身と、皮そのままの炙りで食べてみることにした。

結果、美味しい!!大味とか水っぽいとか言われているけど全然違う。たしかに旨味と言われるとあまり感じないけど、食感と甘みが他の魚と違った。

最初は歯ごたえしっかり。その後噛んでいくと段々ねっとり感のようなまとわりつく感じになってきて同時に甘みが感じられる。この感じどこかで食べたような気が…?

あぁ、あれだ。イカだ。ヤリイカのお刺身!

ヤリイカとそっくりの甘みを持つ魚。それがイトヒキアジと覚えた。

ユメカサゴはアクアパッツァとお刺身で!

ユメカサゴ
鮮やかなユメカサゴ

ユメカサゴも今回が初のお魚。2日ほど寝かせても大丈夫な気がしたが翌日飲み会とお魚を食べるタイミングが難しいので到着即調理に入る。

他の魚のアラで魚の出汁を取ったので半身を具材としてアクアパッツァで食べてみる。鮮度が良い&早めに食べると身がまだかたいというのはカサゴと同じようで、加熱するとユメカサゴのしっかりした肉質を感じることが出来る。(子供には不評。。)

身に上品な旨みが乗っていて中々美味しい。

海鮮丼には皮を引いて刺身と皮付きで焼霜作りの2種で盛り付けてみた。刺身としても身の弾力はまだ強く、上品な風味とのギャップが面白い。

ホウセキキントキはサイズ小さめが3枚。基本の三種で食べてみる

ホウセキキントキは24cmほどのサイズが3枚入っていた。まだ魚がピンとしていて身に張りがある。日持ちしそうな魚だ。

大きい物1枚であれば迷うことなく握り寿司にしてみようと思っていたんだけど小ぶりの可愛いサイズで数もあるし、「刺身」「塩焼き」「煮付け」で魚の特徴を確かめてみることにした。

とりあえず初日は海鮮丼にのせてみたら中々優秀なお魚、という感じ。小さいながらもしっかり旨みがのっていて美味しく食べられる。

同じくらいのサイズだったクロムツより味がしっかり乗っていたのでもう少し大きければさらに美味しくなる魚なのかもしれないな。

クロムツ子とホウセキキントキ
塩焼き用のクロムツ子とホウセキキントキ

クロムツ小はホウセキキントキと一緒に煮付け!

ホウセキキントキと同サイズのクロムツが4尾。小さいながらもちゃんとクロムツらしく、加熱すれば身はふっくら柔らかな上質の白身だ。

さすがにこのサイズだと脂は全然のっていないみたいで、試しに1匹だけ半身丸ごと刺身として醤油をつけて頬張ってみたけど成魚とは別物なお味。鮮度の良い美味しい魚ですね!という感想に留まった。

残りは塩焼きと煮付けでゆっくり頂くプラン。

ホウセキキントキは煮付けだと身が締まりすぎてややもったいない感じに…。いや悪くはないんだけど。同時に塩焼きも食べてみたところ、塩焼きは身が締まりすぎずしっかり美味しい。このサイズのホウセキキントキは塩焼きのような過度に身から水分が出過ぎない調理法があっているかも。

ホウセキキントキとクロムツの煮付け
ホウセキキントキとクロムツの煮付け
スポンサーリンク

まとめ

のん気な魚屋の産地おまかせ鮮魚セット、鮮度は問題ないし、何より注文したその日に発送できるというのは魚に飢えている身としては最高!

今回は室戸からだったけど、魚が種類ごとにビニール袋に入れられていてすこーし水分を吸収し始めていたような気もする。ウロコ取り頼まない方がもしかしたら良いかもしれない。とはいえ、到着日から1日経過したくらいでは全く何の臭いも無い。間違いない鮮度の良さということが分かったので次回も安心して頼めそうだ。

そして結構意外だったのが金目鯛の美味しさ再発見。ユメカサゴやホウセキキントキ、イトヒキアジと比べると間違いない美味しさを誇っていた。今回食べてみた感じでは他の魚より1段上の美味しさだと思う。

ユメカサゴは少し寝かせてこそ真価を発揮しそうなので、ちゃんと味わってみるのは釣り上げてからのお楽しみとしておきたい。

…という感じで、室戸の魚の内容はすごく楽しめた!突発的にお魚を食べたくなった時にリピートするのは十分にありだ!

コメント