相模湾ヤリイカ@おおもり丸 2019/11/9

ざんねーん 船宿
スポンサーリンク

ノーフィッシュ!!!

釣れませんでしたーー!!!

イカのアタリも感知できず、船中1杯のみ!!

最近東伊豆の海に見放されてる気がする!!

スポンサーリンク

4:30前に小田原港船着き場に到着

おおもり丸
おおもり丸。イカは写真の5号で向かった。

すごく雰囲気の良いスタッフさんたち

集合は4:30とのことで、少し前に船着場に到着。すぐにおじさんが寄ってきて挨拶した後「狙いは?」と来たので「ヤリイカです」

そのままどこに駐車すれば良いか案内してくれた。

釣り座(釣りをする場所)の希望を聞かれ左舷トモと真ん中あたりに2人で座る感じに。

5:00くらいからレクチャーしてくれるとのことで、その間に幹線道路沿いにある店舗で料金を支払い、氷と乗船チケットをもらう。

しかし何だか皆さんの雰囲気がやたら良い。今までどの船宿でも経験したことの無い丁寧さと感じの良さだ。

というか話し方が皆穏やか(笑)

船宿にありがちなぶっきらぼうなやりとりも無く既に大当たりの船宿な予感だ。

幹線道路沿いの店舗
幹線道路沿いの店舗。ここで名簿に名前を記載して料金を支払う。仕掛け代は直接船長に支払い。

ヤリイカの船長からレクチャーを受ける

そして5:00、他にも2人レクチャー希望なお客さんがいたので計4人で船長から直々にヤリイカ釣りのイロハを教わる。

まず投入機は竿の左側に置いてる前提。釣り開始前にイカ角は1つずつパイプに入れておく。

「はいどーぞー」の合図でおもりからひょいっと投げ入れる。左手で投げ入れてそのまま右手でリールのクラッチを外しつつ竿を持ち、仕掛けを落としていく。

クラッチを外した直後はバックラッシュしやすいので必ずサミングしながら落とす。竿も下に向けてスムーズに底まで落としていく。

底に着いたら竿を下にしたまま1メートル巻き上げて、竿をゆっくり水平~やや上まで聞きあげる。上で止めて2.3秒待って反応を確認。ちなみに聞きあげの速度はアマダイの誘いと同じくらい。

反応が無ければソフトに竿を下に向けてまたやり直し。この感じで底から5mくらいまでを探る。ヤリイカは棚がずれることのあまりないタイプらしいので底をメインに探ればOKとのこと。

イカがのったら中速で巻き上げ。乗らないまま合図があれば最高速で巻き上げ。

取り込む時は竿を立てた状態で仕掛けのサルカンが水面に来るあたりで巻き上げを止める。そのまま道糸を手繰りロッドキーパーに引っ掛ける。その後は右手でブランコの根本を持ち船内によせて、プラヅノ本体を左手で持つ。

イカがついていればひっくり返して外し、投入機に1つずつ放り込んでいく。

スポンサーリンク

釣りポイントは初島沖ではなく東の方へ

今日は初島周辺の海が悪いらしく、まずは近場でイカ探しを開始!!

小田原漁港から出航
夜明けとともに小田原漁港から出航。

どうも釣れない

ベイトの反応はあるけど乗らない。いない…?

何も反応なし。

それっぽい群れを見つけては投入を繰り返すも、まったく何の反応もない。。

1度着底した瞬間に竿が引き込まれたがあからさまにサバ…

最高速で釣り上げたもののサバ一匹いたところで微妙すぎるので海に帰す。

何だか嫌な雰囲気が漂いつつ4回ほど流して東にイカ探しの旅へ。30分ほど東に船を走らせる。

スポンサーリンク

釣れないまま仕掛けの投入と回収スキルが上達していく

イカの気配を感じないまま仕掛けの投入機の扱いをマスター!!

イカの投入機
イカの投入機。竿に近い方からプラヅノを一つずつ放り込んでいく。

江ノ島が見えるくらいのところまで来たところで再開。昨日はこのあたりで10~20ほど上がったらしく期待できるかもしれないとのこと。

だったが…

10回ほど流しを繰り返しても反応ゼロ。

投入機にスムーズに入れるコツも掴み問題無くやりとりが出来るようになって、釣り上げ以外のスキル成長を実感!!

(そんなことより釣りたい・・・)

そしてイカが乗った感触を知らないまま終了・・・

そして船長ふくめ全員粘るもイカの反応無いまま終了。

終わってみると右舷で誰かが1杯だけ釣ったらしい。誰も気づかなかった(笑)

起き上がりで船長から「初めてのイカでこれだとテンション下がっちゃいますよね…仕掛けは良い仕掛けなので水洗いして次にまた使ってくださいね」と申し訳なさそうな感じでコメント。

使った仕掛けを巻いてもらい、持ち帰ることに。ありがたいっす…!

スポンサーリンク

今回の振り返り

最近は博打状態だったのか?

出船前から船長が「最近は厳しいですね~」と言っていたので嫌な予感はしていたがまさか1杯も釣れないとは思わず、初めてのヤリイカトライで見事に散った今回の釣行。

船釣りを始めてから1匹も持ち帰らなかったことは今まで無かったので中々衝撃的だった。

イカのアタリすら感じることも出来なかったのは本当にテンション下がるー。

サバを1本上げたので辛うじてボウズでは無いけど微妙すぎるー。

そして後日の釣果を見てみると、釣れる日と釣れない日が交互にやってきていてなんとも不安定。。うーんむ、、もっと安定的に釣れている時を狙っていくのが良いのかもしれない。

しかしここまで釣れないとは…

明らかに釣れないことがわかってる時は前半戦だけ様子見してみて、ダメそうなら後半戦に挑むのではなく早上がりにして半額~1/3ほどキャッシュバック、というプランもあっても良いかも、と思った。

船宿の雰囲気が抜群に良かった

今回の釣りで救いだったのはおおもり丸の雰囲気が今までの船宿の中でトップレベルに良かったこと。

船着き場に到着したあたりから帰港するまで(イカが1杯も釣れないにも関わらず)とにかく丁寧だし朗らかだし不機嫌にならないしぶっきらぼうにならないしで非常に驚いた。

魚が釣れること前提になるが、船長も中乗りさんもすーごい良い人だったので、また利用させて頂きたい船宿筆頭だ。

天候/仕掛け

  • 天気:曇り
  • 気温:10℃~17℃
  • 風速:東の風5m
  • 潮:1.0~1.5mのうねり(初島付近に限り。江ノ島沖は凪)
  • 仕掛け(船宿仕掛けを使用):ブランコ仕掛け11cmプラヅノ6個

コメント

タイトルとURLをコピーしました