東京湾カワハギ@山下丸 2021/11/17

中型と小型少々お持ち帰りしました 船宿
中型と小型少々お持ち帰りしました
スポンサーリンク

復調の兆しが出てきたカワハギを狙って16枚!!

小型が非常に多かったものの良型もちゃんと釣れて一日通して楽しませていただきました!!

東京湾カワハギも数釣りの時期ですね~。

たまにこんな外道も
たまにこんな外道も
スポンサーリンク

今回は電車釣行できる山下丸!

前回行ってきた真鶴沖キンメがちょっと不発気味に終わった&次の週は強烈な冷え込みとシケが予想されていたので急遽近場で魅力的な釣りをしているとことは無いかな・・・と探してみたところ、どうも最近カワハギが復調気味らしいという情報が。

ということで早速予約!!

京急久里浜から徒歩数分の好立地

カワハギといえば剣先沖とか鴨井沖とかになるけど、久比里の船宿は電車釣行できる。

どの船宿も京急久里浜から徒歩数分という超近距離にあるので家からは電車で身軽に向かうことができるのが良いところ。

みのすけ丸や山下丸、やまてん丸といった船宿が揃ってるけど今回は甘鯛でもお世話になる山下丸で予約させてもらった。

受付も船長もみんな朗らかで丁寧なので久比里の船宿の中では一番通ってる船宿さん。

受付で貸し竿、氷、むき身餌を伝えて乗船料支払い

当日は6:50頃に受付に到着。

平日だけどお客さん多めです
平日だけどお客さん多めです

乗船券に氏名や住所を記載した後受付にもっていって予約してた旨を伝えて、貸し竿、氷、むき身餌お願いしますってのも伝えて料金を支払う。

受付でそのまま全部もらえるのでクーラーボックスに氷を入れて餌と貸し竿を持って船長に案内されるまま船の釣り座に到着!!

両隣、明らかにベテランのおじさま方が座ってらっしゃってちょっと緊張しますね・・・

スポンサーリンク

7:30頃出船!!

そしてバケツを準備したら「出船しまーす」とのアナウンス。

氷、餌など忘れ物が無いか再度船長から釣り客に確認があり、それからゆっくりと海へ。

河口付近で一度船が止まるのでそのタイミングでアサリをザルにだし、海水で軽く洗ってから味の素をざばーっと!

これで餌の準備OK!!

むき身餌はこんなかんじ
配られるむき身餌はこんな感じ

出船後10分~15分ほどで鴨井沖のポイントに到着!!

剣先沖あたりまで行くのかな?

と思いきや割と近場の鴨井沖で釣り開始!!

陸が意外と近い
陸が意外と近い

幸先よく1枚目ゲット!

今回は2年位前に購入していたワンデイパックがあったのでそれの下針だけパワースピード6.5に交換。

オモリ30号をつけてゼロテンションでふわっとさせたり少したるませてみたり・・・しながら2,3投目でクククッとカワハギ独特のアタリと引き。

ワッペンだけど幸先良いスタート
ワッペンだけど幸先良いスタート

こんなに早く会えると思ってなかったカワハギさん!!

周りを見渡しても中々カワハギ掛からず・・・

その後はしばらく沈黙。

周りの釣り人も餌が取られない状態が続いて少しポイント変更。

アサリをつけてポイント到着を待つ
アサリをつけてポイント到着を待つ
スポンサーリンク

あまりに釣れてないので針をハゲ針4.5→吸い込み用の針6.5に全交換

もしかして針と魚のサイズが合ってない?

そしてポイント変更後、今度は綺麗に餌が取られるようになった。どうもカワハギはちゃんといるっぽい。でもかからない。

うーん・・・と思ってたらワッペンサイズが下針に掛かった。

・・・これはもしや。

小型メインが多くて上と中の針サイズが合ってないんじゃね・・・?

下2本をパワースピード6.5に替えてみたら入れ食いモード!

早速中の針も下と合わせてパワースピード6.5に換装。

ついでに針のサイズに合わせてアサリの水管を取り除き、小さい餌にして針につけてみる。

パワースピード6.5で水管を外したコンパクトなアサリ
パワースピード6.5で水管を外したコンパクトなアサリ

試しにやってみたこの調整で、なんと一回の投入で必ずカワハギが一枚掛かるようになってきた。

入れ食い突入!!

ワッペンサイズ
ワッペンサイズ超釣れる

釣れてくるのはいずれもワッペンサイズが主。やはりサイズが肝だったみたい。

中型も掛かってきて肝和え用のカワハギは無事確保!!

そしてようやく中型も確保!!

これで肝和えも作れるから今日は満足ですねー!!

このサイズなら肝和えを十分堪能できるぜ!!
このサイズなら肝和えを十分堪能できるぜ!!
スポンサーリンク

サイズが良いとうまくかからずまた苦戦

大型が掛かるも巻き上げ途中でバレてしまう

そして針の大きさは変更せずポチポチと釣り続けていると、何回か大きなアタリがあって巻き上げ途中でバラしてしまう。

となりのベテランおじさん曰く「針が小さいから大きいのは外れちゃうんだよな」

確かになー!!

でも今日はスピード系の針6.5しか持ってないからな・・・

ここでフック系の針に替える?

数は釣ったのでここからは大型狙いで・・・と思ったら針が無い・・・

やっぱり大型も釣ってみたいけど針が無い。

小型は十分釣って楽しんだのでここからはスピード系ではなくフック系の中型以上に対応する針に交換。

やはり小型は全く釣れなくなり、そして中型も釣れないw

貸し竿が柔らかいからフック系とあまり相性良くないとかあるのかもしれないな。

スポンサーリンク

14:30頃沖上がり

そしてそれ以降中型も掛からないまま沖上がり。

とりあえず美味しく食べる分は釣れたし、強の竿頭は21枚ということなので貸し竿で16枚釣ったんなら上出来ですね!

スピード系の針だとアタリを感じ取って釣る「ザ・カワハギ」的なイメージの釣り方とは変わるけど貸し竿との相性はすこぶる良い感じ。

次回もスピード系で楽しませてもらいたいものっすな。

沖上がりも波は穏やか
沖上がりも波は穏やか
スポンサーリンク

今回の振り返り

貸し竿でカワハギに挑むなら吸い込みやすいスピード系の針が良さそう

今回の貸し竿はけっこう柔らかめだった。

もちろんこの竿でもハゲ針の形状をしているフック系でカワハギを釣ることは可能だけど、敏感なアタリを感じ取って掛けるようなテレビとか雑誌でよく見る釣り方をしたいなら貸し竿ではなく自前で用意した方が良いと思う。

で、貸し竿で勝負するならスピード系が相性良さげだった。

竿が柔らかいので飲ませやすいスピード系とはそりゃ相性良いんだけど、波が少し荒い時もある程度向こう合わせで掛かってくれるのでアタリが取りづらくても釣りやすいのがさらに良いところ。

カワハギ初めてでまずは貸し竿で・・・という場合はスピード系の小さな針を用意しておくと楽しめそう。

針サイズは小~大すべてそろえておく

スピード系の針もサイズは6.5~8.5と結構幅広い。

今回は6.5で小型メインで釣ったが、中型以上をばらさずに釣りたいのであれば7.5や8.5で臨んだ方が良いかもしれない。

状況に応じて丁度良いサイズというのは異なっていくので3サイズくらいはそろえておこうと思う。

天候/仕掛け

風は強く風波がややあるものの全体的には凪
風は強く風波がややあるものの全体的には凪
  • 天気:晴れ
  • 気温:9℃~13℃
  • 風速:北7~10m(風が強くて体感温度が低かった)
  • 潮:0.3mのうねり、間隔約9秒、波高0.6m、凪
  • 仕掛け: ダイワワンデイパック、ダイワパワースピード6.5号

コメント

タイトルとURLをコピーしました